仮想通貨投資に再度集まる需要と関心

仮想通貨投資に再度集まる需要と関心

株式投資かの仮想通貨への見方

「もしある証券会社が、株式などの既存投資商品に加え、仮想通貨投資の提供を開始したら、自身のポートフォリオを移行させるか」という質問がなされ、その結果、21%が移行する、27%がおそらく移行する、30%が不明、18%がおそらく移行しない、4%が移行しないに投票している。つまり、全体の過半数に近い、48%の人々が、仮想通貨取引を可能にする証券会社へのポートフォリオの移行を検討していることが明らかになったのである。 そして、回答者の過半数を超える56%の人々が、仮想通貨投資が既存のポートフォリオを多様化させることに同意し、彼らの仮想通貨投資への意欲を示唆した。

最も注目されたのは、その52%もの人々が、既に使用している証券会社口座で仮想通貨取引が可能になった場合、仮想通貨投資にも踏み切りたいと考えている事。

また、証券会社で仮想通貨投資が提供されていないことを残念に思っている回答者が全体の32%ほど存在しており、仮想通貨取引における信頼性でも仮想通貨取引所Coinbaseよりも既存証券会社の方が未だ信用できると考えられていることが明らかになった。

さらに、仮想通貨業界に対し、一般投資家だけでなく、機関投資家からの関心も高まってきている。

「仮想通貨市場は、数年前まで何の関心も持たれていなかったが、現在の関心は非常に高いと言える。この業界は、劇的に変化してきており、一般投資家だけでなく、機関投資家への門出も大きく開かれてきているのだ。」

このように、一般投資家だけでなく、機関投資家の関心も高まってきていることから、適切なインフラが整い次第、多額の資金流入が見込めるのではないかと期待されている。

CoinPost

口座開設に迷ったときは

国内のおススメ仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します!

ニュースカテゴリの最新記事