仮想通貨「ブロックチェーン」もセキュリティ確保は必須

仮想通貨「ブロックチェーン」もセキュリティ確保は必須

ブロックチェーンの可能性

仮想通貨に利用されているブロックチェーンの可能性が話題になることも増えてきた。
複数の参加者が分散して取引を記録することにより、どこにいくら発行され、誰から誰にいくら支払われたか、誰でも閲覧できる取引台帳の維持が可能になる。
取引台帳の各ブロックはそれぞれ次のブロックにリンクされ、チェーンを形成する(ブロックチェーン)

このテクノロジーはさまざまな企業や団体が採用を検討しており、金融、商取引、電子契約、医療などの分野で調査が進められている。文書を修正した履歴が残せるため、公文書管理にブロックチェーンを利用する取り組みも続々と登場している。

しかし、ブロックチェーンの膨大なデータは、それ自体が悪意を持った攻撃者には標的となりえるだろう。また、虚偽の記録などを混入させられるおそれもないとはいえない。仮想通貨そのものを狙った犯罪が注目を浴びやすいが、ブロックチェーンも、それを取り巻く環境や技術の利用者が増えれば、悪用を考える人たちが次々と現れてくるかもしれない。

ブロックチェーン利用、セキュリティ面で気にしなければいけないこと

ブロックチェーン技術とその利用者は、収益を重視するサイバー犯罪者のターゲットとなっています。
攻撃者は戦術を変更し、また新しいグループがその隙間に参入してきます。
より多くの企業がビジネス上の問題解決のためにブロックチェーン技術に目を向け、消費者がますますこれらのテクノロジーに依存する中、適切なリスク管理を達成するには脅威の所在についての理解が徹底される必要があります。

また新たな技術やツールを導入する際には、セキュリティーを最重要課題としなければならないのです。
サイバー犯罪者はすでにブロックチェーンの利用者および新技術導入時の脆弱性に対する攻撃で成功を収めているため、それに応じて準備しなければなりません。

McAfee Blogの内容を一部引用

口座開設に迷ったときは

国内のおススメ仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します!

ニュースカテゴリの最新記事