コインチェック(Coincheck)

コインチェック(Coincheck)

国内最大級の取引所のひとつCoincheck(コインチェック)では、ビットコイン含め13種類の仮想通貨を売買することができます。

これだけの種類を取り扱っている国内取引所は他にありません。

そしてビットコイン含め13種類の仮想通貨を、初心者でも簡単に売買することができるため、初めて利用する取引所として最適です!

ここでは、Coincheck(コインチェック)の特徴と登録方法を説明します。

コインチェックでは仮想通貨がとっても簡単に買える

Coincheck(コインチェック)は、数クリックで簡単にコインを買うことができるところが強みです。
「コインを買う」というところから、買いたい種類を選んで数量を入れるだけ。

ネットショッピングよりも簡単です。
ビットコイン以外のアルトコインは、日本円(JPY)とビットコイン(BTC)の両方で売買できます。

ビットコインの取引が可能

ビットコインに関しては、販売所と取引所のどちらでも扱っているので、手数料が安い取引所を使うのがベターです。

「板」と呼ばれるところに注文を並べて、買いたい人と売りたい人の価格が一致した時に売買が成立します。

板取引のやり方は以下の記事で解説しています。

アプリが使いやすい

coincheckはアプリが非常に使いやすいのも特徴です。
すぐにチャートが表示されるので、サッと確認したい時に重宝します。
アプリからの売買も簡単にできますが、ビットコインの「取引」はブラウザからしかできないので注意。
ウィジェット機能を使えば、スマホのロックを解除しなくても一目で相場の動きを確認することができます。
また、アプリには簡易ウォレット機能もあるので、QRコードでの送金や受け取りもできて便利です。

万が一の補償がある

2段階認証を設定していることが条件ですが、不正にログインされて資産(日本円、仮想通貨問わず)を引き出されたときに100万円まで補償されます。
同じようなサービスをbitFlyerも提供していますが、こちらは日本円の出金に限り、仮想通貨の出金には対応していません。
現時点では、1番安心できる取引所だといえます。

登録・口座開設が簡単

口座開設は、メールアドレスと本人確認書類があればOK!
メールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。CoincheckではFacebookアカウントでの口座開設が可能です。


メールアドレス登録後、確認用URLが届くのでアクセスしてください。

アカウント登録後「本人確認書類の提出」が必要になります。

免許証やマイナンバーカードなどの書類を、写真に撮ってアップロードしてください。
免許証を持った自撮りと表裏の写真が必要になります。

本人確認書類が確認できたら、住所確認のための簡易書留でハガキが届きます。
このハガキをを受け取れば本人確認が完了して、全ての機能を使えるようになります。

レバレッジ取引もできる

コインチェックではビットコインに5倍のレバレッジをかけた取引もできます。

レバレッジとはテコの原理のことで、少ない資金で大きな利益を狙うことができます。

逆に損失も大きくなるハイリスクハイリターンな方法なので、初心者にはおすすめできませんが、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

口座開設に迷ったときは

国内のおススメ仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します!

仮想通貨取引所カテゴリの最新記事