仮想通貨の選び方

仮想通貨の選び方

仮想通貨を購入するにあたって、どの仮想通貨を購入すればいいのか、

「仮想通貨の選び方」

について解説していきたいと思います。

仮想通貨は1000種類を超えるとされ、その数は増え続けています。数ある仮想通貨の中から、取引をする通貨はどうやって選べば良いか解説します。

初心者の方はまずビットコインを買うべし!

これから初めて仮想通貨を買うという方には、

「ビットコインを買ってみること」

を推奨します。
はじめて仮想通貨を購入するという初心者の方にとって大切なのは、「仮想通貨に慣れること」です。

仮想通貨に慣れるための一番の方法は「仮想通貨を保有してみること」です。

仮想通貨を実際に保有してみると、「相場の状況」を確認するようになります。
そして、今後価格が上がるかどうかネットで検索したり、ツイッターで情報を探したりするようになります。

ビットコインが仮想通貨に慣れる上で最も効果的

具体的にビットコインがそのように効果的である理由として、大きく2つあります。

仮想通貨に慣れる上で最も効果的な通貨である理由

  1. ビットコインが仮想通貨の中で基軸通貨である
  2. 堅実な投資先で、利益を出しやすい

1.ビットコインが基軸通貨となっていること
ビットコインは仮想通貨の先駆けとして、これまで仮想通貨を牽引してきています。
仮想通貨時価総額ランキングはもちろん1位、仮想通貨の大ボスなのです。

現在、世界中で流通している法定通貨(国が発行するお金)の基軸通貨(中心となる通貨)は「ドル」です。
ドルが世界で最も信用力があるとして、国際取引の決済に使用され、外国通貨の価値の基準(例:1ドル=〇〇〇円)となっています。

仮想通貨の中ではビットコインが基軸通貨となります。
ビットコインが最も信用力があるため、取引における決済手段に使われ、他の仮想通貨の価値の基準(例:1ETH=〇〇〇BTC)となっています。

基軸通貨であるビットコインを保有することは、相場全体の理解、他の仮想通貨の仕組みなど、経験を積むために役に立つと言えます。

2.堅実な投資先であること
最大のポイントとしてビットコインが

「堅実に利益を出しやすい仮想通貨であること」

が挙げられます。

これから仮想通貨は益々勢いを伸ばして世界中に広がっていくと思われます。

ただし、仮想通貨が世界中に広がっていったとしても、1000種類を超える全ての仮想通貨がその価値を伸ばすわけではありません。
信用力のない仮想通貨はあまり保有したいと思われず、実用性もないままとなってしまう可能性があります。
そういった信用力のない仮想通貨はほとんど価値を失い、淘汰されてしまうでしょう。

通貨の価値を決めるのは何よりも「信用力」です。信用があるからこそ保有されますし、実用的なものとして使われます。
ビットコインが他にない圧倒的な信用力を持っていることは、非常に大きな強みです。

おわりに

初心者の方にビットコインの保有を進める理由は、

「利益を出しつつ、仮想通貨に対する知識・経験を増やせる」

ということです。

これから始める方は、まずはビットコインの保有からはじめてみましょう。

一番やってはいけない事が、ツイッターやチャットで「この通貨が上がりそう!」なんて言葉に煽られ、
よく分からない仮想通貨に手を出してしまうことです。

ビットコインを保有すれば、他の仮想通貨の情報も自然と見るようになりますので、
情報を正しく理解できるようになったタイミングで他の仮想通貨を買うことをオススメします。

口座開設に迷ったときは

国内のおススメ仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します!

人気の仮想通貨カテゴリの最新記事