CannabisCoin(カンナビスコイン/CANN)

CannabisCoin(カンナビスコイン/CANN)






CannabisCoin(カンナビスコイン/CANN)

Bitcoinプロトコルをベースとしており、医療用大麻の小売店、小売業者、商人の決済のための仮想通貨です。
“CannabisCoin Marijuana Cultivators”によって設計、栽培された医療用大麻は
CannabisCoinで購入・販売することが可能となります。

1 CANN(カンナビスコイン)= 1グラムの大麻で換算されています。
2014年6月5日にリリースされました。

公式サイト:https://cannabiscoin.net/
ソースコード:https://github.com/cannabiscoindev/

カンナビスコイン/CANNが一番安く買える取引所!

国内には上場していないので、ビットトレードGMOコインなど国内取引所でビットコインを購入し、海外取引所coinexchange.ioへビットコインを送金することで購入できます。
徹底したセキュリティ対策!取引手数料が0円!豊富な通貨ペア数!普段の取引にもおススメです。

CannabisCoinとは?

CannabisCoin/カンナビスコイン(CANN)は、嗜好用マリファナをデジタルコインで購入できるようにすることを目標として掲げた仮想通貨です。

Cannabisとは英語で大麻を意味します。日本では大麻はもちろん違法ですが、アメリカでは州によって合法と違法がわかれています。

現状は医療用大麻であっても決済に銀行間取引は使えないなど、不便を強いられているようです。
そのため、大麻関連産業界では、送金手数料が安く取引にも使えるマリファナ系暗号通貨が注目されています。

特徴

  • 高額な大麻の取引決済を専用の仮想通貨で決済
  • 日本にいながら大麻の購入が可能
  • ブロックチェーン技術によるトラッキング

現在でも一般的な大麻の取引は現金で行われています。
決済にクレジットカードやデビットカードはもちろん使えません。
ドイツでは医療用大麻をデビットカードで薬局で購入することができますが、一月、2000ドルと高額な価格です。

カンナビスコイン/CANNを使えば、企業と個人共に決済利用することができます。
手数料が安く済むメリットがあり、誰でも通貨に関係なく大麻を購入できる環境が作られています。

また、日本では大麻の所持・使用は違法ですが、カンナビスコインを使うと日本にいながら海外で大麻の売買をできるということになります。

今までは不可能だった、マリファナ栽培農家から仲介者となる医師、そして最終利用者までを追跡するシステムが整います。
そのため、不正に医療用マリファナを入手する犯罪を防ぐことができ、生産者から最終利用者までを管理できます。

発行数/発行上限数
約7700万 CANN / 1億600万枚 CANN

仮想通貨の単位は「CannabisCoin(CANN)」

※本記事は、薬物を肯定するものではありません。違法な薬物の購入や使用は法律で禁止されています。

口座開設に迷ったときは

国内のおススメ仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します!

人気の仮想通貨カテゴリの最新記事