生き残る可能性のあるアルトコイン7選

生き残る可能性のあるアルトコイン7選

4年で仮想通貨時価総額は様変わり

2014年と2018年の仮想通貨時価総額ランキングを比較してみると、
BTC、LTC、XRPを除き、ほとんどの仮想通貨が淘汰され、新規台頭してきた通貨がその地位を奪っており、競争が激しくなってきていると言える。

仮想通貨業界は、未だ未熟で、急激に成長している業界である為、プロジェクトが日々量産されていくと同時に、同じレベルで多くのプロジェクトが淘汰されています。

現在、仮想通貨市場は2017年の爆発的市場拡大とは対照的に、停滞気味に推移しています。

仮想通貨でドミナンスが1位のビットコインは一時期の最高値から現在60%以上下がっているのが仮想通貨の苦しい現状を物語っていると言えます。

コミュニティの強さ、市場に必要とされる実用性、優秀なチーム、資本を確保している、比較的初期から存続しているプロジェクト(リンディ効果)、次なる技術先進国となると考えられている中国に支援されているものという複数の側面から考慮しています。

これらの条件を踏まえ、今後生き残っていくであろう7つのアルトコインを以下のように予想しています。

  1. ステラ(XLM)
  2. イオス(EOS)
  3. モネロ(XMR)
  4. ウォルトンチェーン(WTC)
  5. ネオ(NEO)
  6. バイナンスコイン(BNB)
  7. ライトコイン(LTC)

ビットコインやイーサリアムのような主要通貨が、生き残らない場合、仮想通貨全体が淘汰されてしまう可能性があることから、この2通貨は上位に存在し続けて行くことを前提とし、今回の予想には含まれませんでした。

上記に挙げた今後も反映し続けて行く可能性が高いとされる仮想通貨は独自の予想ですが、2014年と2018年の仮想通貨時価総額ランキングを見ても、多くの仮想通貨(トークン)が新たに参入、そして淘汰されています。

その為、現在主要と見なされている通貨であっても、長期的には淘汰される可能性や、台頭してくる新規仮想通貨に追い越されてしまう可能性は十分に存在していると言えるでしょう。

引用:COINPSOT

口座開設に迷ったときは

国内のおススメ仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します!

仮想通貨あれこれカテゴリの最新記事